ピックアップ記事
今回の記事から、日本の車市場はさらに競争が激化することが予想されますね。特に、軽自動車のシェアが40%を超えていることには驚きました。自動運転やEVなど、新しい技術をどう生かしていくかが勝敗を分けるかもしれません。

<関連する記事>

「フィット」どうしても売れない切実な事情とは? N-BOX/フリード2強で迷走するホンダ国内市場
軽自動車が約40%、次にコンパクトカー&ハッチバックが20%少々。これが2023年現在の日本の新車販売状況だ。つまり、国内で売れている新車の60%…
(出典:東洋経済オンライン)
日本でも“中国車”が当たり前になる!? 中国製「ホンダ・オデッセイ」の誕生が示す現実
…海を越えての再会に感激できることを期待したい。 (文=大音安弘/写真=本田技研工業/編集=堀田剛資)…
(出典:webCG)

<ツイッターの反応>

みんめい
@rinnmingmeis

返信先:@kamekamesoda 私、本田技研の社員でした。 「ブロックで何を作れますか?」と面接時質問され「土を詰めて花を植えます🌸」と答えて採用されたのは本当の話です。 地方の営業所でまだパワハラとかフツーにあった時代だったので結婚退職せざるを得なかったのは今でも悔しい思い出。 お局になって本社勤務したかったー

(出典 @rinnmingmeis)

C-TYPE
@djctype

やっとショーケース見れた。スト6もギルド的なシステムあるんですね。もちろん初日に本田技研を作りますので、本田使いの皆様ご参加よろしくお願いします。クラブウェアはロゴつきのまわしにしたろかしら。 pic.twitter.com/Gn5YV3OaIU

(出典 @djctype)

ピックアップ記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事