ピックアップ記事

<記事>

 プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険東京都千代田区)が、2023年に還暦を迎える男女を「還暦人(かんれきびと)」とし、「2023年の還暦人に関する調査」を実施。その結果を発表しました。

2022年から332万円の大幅増加

 調査は2023年3月13日~15日の3日間、2023年に還暦を迎える1963年生まれの男女を対象に、インターネットリサーチで実施。2000人から有効回答を得ています。

 全回答者に、現段階の貯蓄金額(配偶者がいる場合は夫婦2人分)を聞いたところ、最も多かったのは「100万円未満」(25.2%)でした。次いで、「100300万円未満」(13.0%)、「5001000万円未満」(11.8%)、「10001500万円未満」(10.1%)、「3000~5000万円未満」(7.6%)、「5000万円~1億円未満」(7.6%)などに回答が分散しています。

300万円未満」の割合は38.2%、「2000万円以上」の割合は33.0%と、貯蓄格差が際立つ結果となりました。また、平均は3454万円でした。なお、平均額は昨年(2022年)の3122万円から、332万円の大幅増加(前年比10.6%増加)となっています。同社によると、貯蓄金額の平均は、2018年の調査から着実な増加傾向が続き、2023年は調査開始以来最も高くなっているとのことです。

 調査結果を受けて、同社は「過去の調査結果と比較すると、貯蓄金額の平均は、2018年の調査から着実な増加傾向が続き、2023年3454万円と調査開始以来最も高くなりました。2019年に話題となった『老後2000万円問題』を一つの契機に、将来への備えや貯蓄を意識する人が増えているのではないでしょうか」「止まらない物価上昇や不安定な社会情勢などを受けて、経済の先行き不透明感や将来の生活不安が強まり、貯蓄性向が高まっているのかもしれません」とコメントを寄せています。

オトナンサー編集部

“還暦人”の平均貯蓄額は?

(出典 news.nicovideo.jp)

<関連ニュース>

<記事コメント>

格差が存在することは否定できないけれど、個人の生活スタイルや価値観もあるので、単に貯蓄額だけで判断するのは難しいと思います。ただ、将来に向けての備えは大切なので、意識を持っていきたいです。

<このニュースへのネットの反応>

純粋な貯蓄額だけで危機を煽るな。持ち家有無で話がかわってくるだろう。

ピックアップ記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事