ピックアップ記事

<記事>

 富士通ゼネラル5月12日、首に装着して頸動脈を流れる血液を冷やすウェアラブデバイス「コモドギア アイスリー」を発表した。価格は6万円(税別)。レンタルは月額1万円。

【その他の画像】

 空調機器メーカー富士通ゼネラル2020年から展開している“身に着けるエアコン”の新製品。これまでは炎天下の作業、高温の工場で働く人などに向けてレンタルで提供してきたが、新製品を機に売り切りも始める。

 新製品は、本体の設計や部品を見直し、外気温よりマイナス約20℃の冷却性能を実現した。また35℃以上の猛暑日が増えていることから、これまで35℃までだった使用温度を40℃まで引き上げた。

 電力消費を抑える「エコモード」も新たに搭載。従来機は最長3時間だった駆動時間を約5時間まで延ばした。

 コモドギアは、サーモモジュールペルチェ素子)を搭載したバンドとラジエーターを持つ本体で構成するウェアラブデバイス。首に装着したバンドで頸動脈を流れる血液を冷やし熱中症などを予防する。熱は冷却水を介して本体に送り、ラジエーターから外部へ放出する仕組みだ。

「コモドギア アイスリー」使用イメージ

(出典 news.nicovideo.jp)

<関連ニュース>

<記事コメント>

「値段が6万円と少し高めだが、その価値はあると思う。首に装着できるエアコンは、持ち歩きも簡単で、室内でも屋外でも使える優れもの。また、一般的なエアコンよりも省エネなので、電気代も節約できるというのも魅力的だ。」

<このニュースへのネットの反応>

マイナス20ドはすごいと思うがこれでもまだ真夏を凌ぐのはつらいだろうな・・・

低温やけどか窒息待ったなしだな、富士通がこんなおまぬけなもの作るとはとても思いたくない

サンコーレアモノショップ で売ってそうなやつだな

ててててて低温やけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

一方中国産の腰に付けるクーラーは体温を16℃まで冷やすと話題に! 低体温症になるとかいうレベルじゃねぇ!

多分だけどこういうのは一般向けに出るものじゃないと思うよ。

3時間おきくらいに近くの銭湯に30分くらいいかせて15度の水風呂に入れさせるくらいじゃないと、真夏の温度は焼け石に水な気がするわ。

「外気温よりマイナス約20℃」の「外気温」が35℃とすると15℃だから、低温やけどにはならんし、いい感じに涼しそう。

この値段で、この稼働時間なら空調服(確か耐火作業用の服もある)でいいな。

無いよりは良いけど、一か所だけ冷やし続けるのはちょっとな。よっぽどの高温ならデメリットにならないのかもしれんが・・・

ピックアップ記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事